自己紹介

はじめまして、 hatsuse (はつせ)と申します。

 名前:hatsuse (はつせ) 本名です
 東京の田舎出身
 33才

ギリッギリでカナダ🇨🇦へワーキングホリデーへ。一年間バンクーバーで語学学校(2ヵ月)へ行き、日本食レストランのキッチンで仕事をし始めました。でも、忙しくてあまり動物に関われないまま1年。どうしても当初の目的のひとつ、ファームステイに行きたくなり、バンクーバーから移動。

マニトバ州The Pasという小さな町のバイソンのいるファームへ。このファームではラッキーなことにバイソンの赤ちゃんにミルクを上げさせてもらえました。貴重な体験な上、後ろから着いてきてくれたり愛の頭突きされたり、もう幸せな日々でした。上の写真はバイソンの赤ちゃんとバイバイする時撮ってもらったもの。本当に別れ難かったです(´;ω;`)4週間の後、そのオーナーさんの紹介で近くの馬を飼っているファームへ。そこにも4週間ステイし、少しうろうろしながらノバスコシア州のアルパカファームに今ステイしています!

このブログを立ち上げた理由

いろいろ見に行ったり会いに行ったりしてるのに残さないのは勿体ないという友人の言葉でブログを始めることにしました。
カナダでファームステイすることにして余計に感じたけれど、いろいろ調べたい!(不安だし)、知っておきたい!(英語出来ないし)。でも、調べようとしても無い!んです。
まあ、それだけ需要がないのかもしれないんですけどね。でも、もし1人でも2人でも私と同じようなことを考えて調べた時に役に立てればいいなと思いますし、ここに行ったらこの動物見れるのか!とかこんな見方もあるのねーと感じてもらったら作った甲斐があります!
自分が忘れないようにするためにもいいかも(^^;)。

私について

動物を好きになったきっかけは正直全然覚えてません。
親が言うには、2歳とか3歳の頃、ゴミを漁ってるカラスの近くまで行って頬杖ついてうっとり見詰める子だったらしい。そして、襲われるどころかカラスに疎まれる存在だったという。。。
いまだにカラス愛(片想い)は止まらず、カナダに来てどうしてもレイブン(オオガラス)のいるところに住みたかったけど、バンクーバーには居なくて本気で移動も考えたくらい(笑)
覚えているのは小学校低学年の時和歌山県太地に行って以来シャチ大好きに。その時から夢は水族館の飼育員になりました。

高校で地学の先生に野生動物調査や解剖をかじらせてもらい野生動物の虜に。大学は動物学しかない!ということで、一浪の後某獣医系私立大学の動物科学科へ(勉強大嫌いの為結局受験では推薦入試とAO入試のみ;)。
先輩のお手伝い等々させてもらって、自分の卒論テーマを妄想してました。3年の時いろんな人といろいろあって若気の至りで退学(後悔は一切ないんですがね)。
動物系の仕事はしたいけど、日本にはとても少ないうえ、大学中退の為断念し、いろんな楽しそうな仕事を片っ端から試しました。
遊園地⇒ラーメン屋⇒地元で新選組のはっぴ着て売り子⇒く○ん式の丸付け⇒コールセンター⇒CD屋さん⇒教習所の受付・営業などなど
でも、やっぱり違うんですよね。仕方ないから、お金貯めたりおとんを宥めすかして海外へ動物に会いに行き出しました。そして、年齢制限ぎりぎりで駆け込みワーホリ。
超単純で、前しか向けない性格の為、良いのか悪いのか後悔知らず。他人からは行動力があると言われるけれど、ただ猪突猛進なだけ(;’∀’)。よく悩むし、極度のめんどくさがりなので。
めんどくさがりで良かったところは、一緒に行ってくれるか聞いたり予定合わせたりが面倒なので、1人で基本突っ走るところ。映画もライブも旅行も何でも然り。
「お金があってもなくてもこの子はなんでも幸せね」と昔占い師に言われた通り、基本幸せ。そして、何とかなる精神が行き過ぎてめちゃめちゃ浪費家。お金は基本貯まらず、貯まらずに旅行行っちゃう訳です。

小さい頃から夏休みの宿題は9月入ってからやる子だったので、旅行に関しても調べ物は寸前。ネット頼り。
だからこそ、ワーホリのこともファームステイのことも、情報が少なくていろいろ困ったものです。それでも、飛び込んで意外とどうにかなってくれてます(´ω`*)。

さいごに

海外で会えた動物のこと、ファームステイ、ワーホリ、動物園や水族館、同じようなことで『アレ?』と思ってネットで検索をかけた方のほんの少しでも手助けになればいいなと思っています。

そして、ちょっとでも癒しになりますように。